AspenTech社のソフトウエア販売

AspenTech社へ(英文)
Engineering
Process Simulation
Aspen Plus
物性データを内臓した化学・石油向けのプロセスシミュレーターで、定常状態計算、物性・パラメータ推算が可能です。プロセスシミュレーターとは、物性(物質の性質)データと現象の数学モデルを利用して、対象プロセスをシミュレーションし、その設計や運転方法についての検討を効果的に実施するためのソフトウエアです。 Aspen Plusには、物性データベースと反応や分離など各種単位操作を行う装置の数学モデルがユニットとして予め用意されています。
Aspen Rate-Based Distillation
蒸留塔内で実際に起こっている気液接触による物質移動・熱移動を正確にモデル化し、その設計・解析・最適化検討を行うことによって、既設蒸留塔の改善・運転条件の最適化、および新蒸留塔設計の際に精度の高い性能予測を支援します。
Aspen Plus Dynamics
Aspen Plusで構築した定常状態モデルを基に、ダイナミック計算を行うことが可能です。非定常解析による運転性、制御性、安全性への影響の検討を実行します。
Aspen HYSYS
石油・ガスプロセスの基本設計のためのシミュレーターで、定常(連続)シミュレーターが可能です。定常状態モデルによる設計案の迅速な選択が行えます。
Aspen HYSYS Dynamics
Aspen HYSYSの機能に加え、非定常のシミュレーションが可能。定常状態モデルによる設計案の迅速 な選択と併行して、Dynamic(非定常)解析による運転性、制御性、安全性への影響の検討を実行します。
Aspen Batch Distillation
化学品、医薬品、食品飲料などの業界におけるバッチ蒸留について概念設計、解析、および最適化を行うための総合的なシミュレーションツールです。
熱交換器設計
Aspen Shell and Tube Exchanger
シェル&チューブ熱交換器(二重管式熱交換器含)設計/解析用プログラム。TEMAタイプの熱交換器をベースとし、二重管を含んだ化工計算(伝熱・圧損)を行います。計算の対象は、クーラー、ヒーター、コンデンサー、リフラックスコンデンサー(管側)リボイラー、流下液膜(薄膜蒸発器)と多岐に亘っており化工計算と連動して振動解析を行い、問題がある場合は、注意を喚起します。
Aspen Air Cooled Exchanger
エアーフィン熱交換器/熱回収用熱交換器設計/解析プログラム。エアーフィンクーラーの設計解析はもとより、ダクト内熱回収系のフィンチューブ(ベアチューブも可能)熱交換器の計算が可能です。フィンチューブは同一バンドル内に4種類のサイズを設定する事が出来ます。フィンの動力、騒音検討なども可能であり、パワフルなグラフィック機能によりチューブレイアウトも簡単に修正、変更可能です。
Aspen Fired Heater
管式加熱炉用レイティング/シミュレーションプログラム。加熱炉用プログラムとして開発され、加熱炉も詳細寸法、プロセス条件を入力し、プロセス側、燃焼ガス側の伝熱計算をはじめスタックを含めた炉内圧力変動の検討を行うことが可能です。ヒートフラックス、チューブメタル温度等はAPI530をベースとした検討も可能です。又、Fireboxの熱負荷に対応する燃料使用量を算出することも可能です。
Aspen Shell and Tube Mechanical
EMA形式の多管式熱交換器の構造・強度設計・計算プログラムです。熱交換器設計プログラム、Aspen Shell & Tube MechanicalおよびHTRIの伝熱計算結果を直接取り込み、強度計算、詳細設計を行うことができます。
Aspen Plate Exchanger
プレート熱交換器 設計/シミュレーションプログラム。プレート熱交換器用プログラムであり、5パス迄のタイプに対応可能です。又、Aspen Plate Exchanger と同様にCOMThermo Properties Packageが組み込まれています。PSFファイル形式でプロセスデータ、物性データ等を読み込むことが可能です。
Aspen Plate Fin Exchanger
マルチストリーム、プレートフィン熱交換器 設計/シミュレーションプログラム。プレートフィンタイプ熱交換器専用に開発されたプログラムであり、最大15流体を取り扱うことが可能です。計算ベースは、他のHTFSプログラムと同様、HTFSの実験設備により検証されたデータから構築されております。又、Aspen Shell & Tube Mechanicalと同様にCOMThermo Properties Packageが組み込まれている他、Aspen HYSYSとダイレクトにリンクすることが可能です。
プロセス/プロジェクトの経済性評価
Aspen Capital Cost Estimator
概念設計段階で、運転コストを予測し、経済性評価に必要となるスコープ自動的に用意し、独自のマッピング技術により、シミュレーションモデルを実機器モデルに拡張して概略サイズを計算しコストを計算します。
Aspen Process Economic Analyzer
PFDあるいはP&IDに基づいて設備投資コストを、機器本体・機械工事・電気計装・土木工事別に推算することが可能です。米国、イギリス、欧州、中東、日本の5地域をサポート。
その他
Aspen Basic Engineering
複数以上の分散するチームによる基本設計作業を可能にし、プロセス情報を一元管理します。
主要なプロセスシミュレーションプログラム、機器設計プログラム、コスト積算ツール及びユーザ社に設計ツールを統合します。
データシート、PFD、P&ID、機器リスト等の設計成果物を生成するとともに、Intergraph及びAVEVAシステムへのインターフェースが用意されている。
Manufacturing/Operation
Aspen Process Controller
Aspen Process Controllerは、アスペンテックの多変数制御製品のすべてを集約したもので、Aspen DMCplus、Aspen State Space Controller, Aspen Nonlinear Controller、および新しいAspen Control Platformが含まれます。新しいAspen Control Platformは、高度制御における3種類の実績のあるアプローチを単一製品に組み込んで、多変数予測制御アプリケーションの開発に極めて高い柔軟性をもたらします。このプラットフォームは、以下の3つの制御方式で構成可能になっています。
  • 改定シンプレックス法による設定値の最適化機能を有するFIRモデル。
  • 線形制御問題に対応する状態空間MIMOモデル。このオプションは、内点法を用いて最適な設定値を求めます。
  • 完全非線形状態空間方式に基づくMISOモデル。設定値最適化にはSQPソルバーを用います。(Aspen Nonlinear Controller方式)
Aspen Nonlinear Controller
Aspen Nonlinear Controllerは、製品グレード切り替えの完全自動化と動的最適化を可能とする多変数モデル予測コントローラーです。単純な第一原理モデル(一般方程式)の組み合わせを、直接コントローラー内で安全に使用できる近似テクノロジーと併せて使用します。
Aspen Watch Performance Monitor
Aspen Watch Performance Monitorは、アスペンテックのAPC向け保守管理ソリューションの一部です。標準およびカスタムKPIによるパフォーマンス監視機能を備え、エキスパートが定めた規則に基づいてオペレータへの助言を作成し、エンジニアがPID制御ループを監視できるようにします。サイクルごとに、すべてのコントローラー関連データを完全に非圧縮で履歴化し、可視化します。
Aspen InfoPlus.21
Aspen InfoPlus.21は、分析と報告のために大量のプロセスデータをDCSシステムから収集して保存します。お客様が独自でリアルタイムアプリケーションを作成するための、用途の広いアプリケーション開発環境を提供します。Aspen InfoPlus.21によって作成されるプロセスデータリポジトリがプラントおよび企業レベルの生産統合プラットフォームの中核となり、プロセス制御、生産運転、およびビジネスシステムにわたって運転データの活用を促進します。
Aspen Production Record Manager
Aspen Production Record Managerは、生産プロセスの現在の情報と履歴情報を整理して、監視と分析を行います。バッチプロセスとバッチ的に分割して定義できる連続プロセスの両方でデータを利用可能にして、生産処理量、原油処理量、バッチ、テスト、切り替え段階などの管理に役立ちます。
Aspen KPI Builder
ASpen KPI Builderは、連続生産とバッチ生産の実行に関わる人々に、パフォーマンス管理を容易に出来る仕組みを提供 します。Aspen InfoPlus.21®のリアルタイムデータを、プロセスモデルと運転パフォーマンスおよび財務パフォーマンスの主要目標と結合して、パフォーマンスを追跡できます。このため、全員が自身の決定によるコストへの影響を確認し、運転上の決定を改善し、運転能力の向上を図ることができます。
Aspen Production Execution Manager
Aspen Production Execution Managerは、ライフサイエンス、特殊化学品、一般消費財、および医療機器業界向けの作業指示管理、手順管理、および文書管理の機能を備え、バッチ生産での優れたベストプラクティスの実現を容易にします。このシステムは、完全なトレーサビリティ、改ざん不能な履歴および監査証跡と報告書の自動生成機能を提供します。
Supply Chain
Aspen PIMS
最適化原料の評価、製品スレートの最適化、プラント設計、および製油所や石油化学プラントを最大効率で稼動できるようにする操業遂行を通じて、企業全体の計画作成を促進します。このスケーラブルな単一または複数ユーザーソリューションは、線形および非線形問題をモデル化し、厳密なシミュレーターモデルとのインターフェイスを提供します。
Aspen MIMI
汎用のサプライチェーンソフトウェアでカスタマイズが容易にできます。主要な機能は、需要予測、プランニング(LP)、スケジューリング、納期回答で、品種の多い製品に適しています。
このページのトップへ